ヴィーガンや〜めた!「ゆるベジタリアン」で幸せになれる88のルール

難しいことは一切なし!楽しく自由で幸せな毎日をゆるベジタリアンで実現!どうしても肉が食べたくなったら食べちゃえばいいのさ!完璧主義はツラいから今よりもちょっとだけ健康になるための情報が満載!ダイエットにも最適!

「朝食にフルーツ」は究極のダイエット法かもしれない件。【パート2】フルーツの酵素と栄養素

こんにちわ。

ゆるベジタリアンのやまやです。

 

今日、とてもうれしいことがありました。

ぼくのお友達の素敵な女性が

なんと来月から「フルーツ朝食生活」をはじめるというのです!

「なぜ来月からなんですか?」と訊ねたら、

「キリがいいじゃん」だそうです(笑)

素敵な返答に思わず、笑ってしまいました^^

 

そして、「フルーツ朝食生活」をはじめてくれた読者さんは、

彼女だけではありません。

 

もうひとり、こちらはまだ20代の素敵な男性が、

フルーツ朝食生活」を実践してくれています。

 

その様子はフェイスブックにアップされ、

それを見るたびに僕は涙が出そうになるくらい

うれしくなります。

 

お二人のこれからの健康と素晴らしい将来を心からお祈りさせていただきます。

いつも本当にありがとうございます。

 

今日は代表的なフルーツについて簡単にまとめてみました。

今後、それぞれのフルーツにスポットをあてて、

細かく解説していこうと思っています。

 

f:id:vegetarianman:20180720173343j:plain

 

 

 

天才たちはフルータリアン(果実食主義)だった

 

  • ピタゴラス
  • ヒポクラテス
  • プラトン
  • ソクラテス
  • アリストテレス

といった天才たちの主食はフルーツでした。

そして当時としては、みんな長生きでした。

 

 

フルーツに含まれる酵素について

 

 

酵素の働きを知っていますか?

僕たちは酵素の存在なくしては生きていけません。

僕たちの体内には生命活動をつかさどる代謝酵素と、

食べ物の消化に役立つ消化酵素が存在しています。

 

酵素がなくなったときが寿命の尽きる時なので、

酵素は浪費せず大事に使わなければいけません。

 

酵素の種類

 

  1. 食物酵素
  2. 体内潜在酵素(消化酵素と代謝酵素がある)

 

  • 食物酵素はフルーツや生野菜、発酵食品などに含まれている酵素です。
  • 消化酵素は食べたものの消化吸収に貢献している酵素です。
  • 代謝酵素は生きていくためのあらゆる活動に貢献している酵素です。

 

フルーツにはどれも食物酵素がたっぷり

 

食物酵素がたっぷり含まれているフルーツを食べると、

消化に使われる体の消化酵素とエネルギーが節約されます。

 

フルーツは、

熟す段階ですでにフルーツ自らの中にある食物酵素によって、

その消化(炭水化物を糖に変える作業)が進んでいるため、

体の貴重な酵素とエネルギーを消化に浪費させるようなことはありません

 

フルーツを食べるとすぐにその栄養分を利用することができます。

さらに、

吸収するのにインスリンを必要としません。

 

 

酵素は熱に弱い

 

酵素は加熱すると死んでしまいます。

どんな食べ物も生の状態であるものには、

その食べ物が体内で消化される時に必要な酵素が含まれています。

 

しかし、

加熱して酵素が失われてしまった食品を食べると、

その消化のために代謝酵素まで動員されてしまいます。

よって、

排泄作業にまわす酵素が不足してしまいます。

排泄の遅れは肥満と病気の元凶となります。

 

ほとんどの食物酵素は48度以上の熱処理によって破壊されてしまいます。

 

 

消化に使われるエネルギーはフルマラソン並み

 

フルーツ以外の食べ物は、

それを消化するのに大量のエネルギーを消費します。

 

肉のエネルギー変換効率は30%です。

フルーツは、エネルギー変換効率が90%もあります。

 

肉は本来得られるエネルギーのうち、

その70%を消化に浪費してしまっているのです。

ですから、フルーツは最も効率の良い食べ物といえます。

それはフルーツが既に熟す段階で消化作業が進んでいて、

即吸収利用可能の形の糖に変わっているからです。

 

酵素についての関連記事はこちら↓

  

 

 

食べる野菜やフルーツは虹色を意識しましょう

 

f:id:vegetarianman:20180720174236j:plain

 

1日にとるフルーツや野菜を合わせると、

虹の色になるようにして体に太陽エネルギーを取り入れましょう。

フルーツや野菜の中には、

太陽エネルギー作り出すフィトケミカルが豊富です。

 

フィトケミカルの主な6つのはたらき
  1. 細胞の酸化を防ぐ
  2. 有害物質によるダメージから守る
  3. 老化予防
  4. がん予防
  5. 心臓病予防
  6. 脳卒中予防

ほかにもさまざまな病気を予防してくれます。

 

フィトケミカルは植物だけに含まれる化学物質

 

フィトケミカルは植物だけに含まれる科学物質です。

植物の風味・香り・色素の成分です。

 

 フィトケミカルの主なはたらき

  • 紫外線から守る
  • 放射線から守る
  • 微生物などによる脅威から守る

 

各色の野菜とフルーツを知ろう

 

赤い色の野菜やフルーツ

 

f:id:vegetarianman:20180720174011j:plain

  • いちご
  • スイカ
  • ラズベリー
  • ザクロ
  • チェリー
  • 赤りんご
  • トマト
  • 赤ピーマン

 

色の野菜やフルーツ

 

f:id:vegetarianman:20180720174058j:plain

  • みかん
  • オレンジ
  • パパイヤ
  • キンカン
  • メロン(赤果肉)
  • ニンジン
  • かぼちゃ
  • スカッシュ

 

 

色の野菜やフルーツ

 

f:id:vegetarianman:20180720174255j:plain

  • バナナ
  • グレープフルーツ
  • 甘夏
  • パイナップル
  • レモン
  • マンゴー
  • さつまいも
  • とうもろこし
  • 黄色ピーマン

 

色の野菜やフルーツ

f:id:vegetarianman:20180720174349j:plain

 

  • メロン
  • キウイフルーツ
  • アボカド
  • 青りんご
  • マスカット
  • ブロッコリー
  • アスパラガス
  • さやいんげん
  • さやえんどう
  • えんどう豆
  • 小松菜、ほうれん草などの葉物野菜
  • 緑ピーマン
  • きゅうり
  • セロリ

 

色の野菜やフルーツ

f:id:vegetarianman:20180720174502j:plain

 

  • ブルーベリー
  • ライム
  • ブドウ

 

紺色の野菜やフルーツ

f:id:vegetarianman:20180720174639j:plain

 

  • プルーン
  • ぶどう
  • なす

 

 

色の野菜やフルーツ

 

f:id:vegetarianman:20180720174737j:plain

  • ぶどう
  • いちじく
  • ビーツ
  • 葉キャベツ
  • 紫キャベツ
  • 紫玉ねぎ

 

 

朝食は果物だけで朝の排泄も万全

 

朝食フルーツ食を実践することによって、

体の負担は激減し、

エネルギーを排泄の方に向けることができます。

体内の余分なものがどんどんと排出され、

肥満気味の人は体重が落ち着いていきます。

 

ここがポイント

緑葉野菜も合わせてたっぷり食べると、

便秘解消はもちろん、

お腹の周りの贅肉はえぐるように取れていきます。

 

代表的なフルーツの効能と食べ方を解説

 

みかん

f:id:vegetarianman:20180720174058j:plain


 

みかんは、

がん細胞の増殖を抑える効果において、飛び抜けています。

 

なぜなら、

みかんは最強の「がん制圧ポリフェノール類の宝庫」だからです。

みかんを毎日たっぷり食べると、いいことずくめです。

  • 血液はサラサラ(心臓病を予防)
  • 骨はしっかり(骨粗鬆症の予防効果)
  • ガンもさようなら
  • 抗炎症作用

みかん一個の総カロリーは、

アンパン一個や桜餅、草餅などの和菓子一個のたった1/6しかありません。

食べ過ぎて肥満になるというのは大きな誤解です。

 

みかんは袋ごと食べる

 

ここがポイント

みかんやオレンジなどの房や袋は、

むいたり捨てたりせずによく噛んで食べましょう。

排泄をサポートして腸内環境を健康に保ち、

免疫機能を高め、ガンを予防してくれる大切な働きがあります。

 

 

バナナ

f:id:vegetarianman:20180720175134j:plain

 

バナナにはカリウムが豊富に含まれているため、以下の効果が期待できます。

 

  • 動脈硬化の予防
  • 心臓病の予防
  • 骨粗鬆症の予防
  • 高血圧対策(降圧効果)

 

ここがポイント

 

  1. バナナは午前中に、お腹がすいたときの救世主です。
  2. 腹持ちがするので午前中の空腹感がなくなります。
  3. サニーレタスに巻いて食べると健康効果が倍増します!
  4. 買ってきた状態でそのまま吊り下げると長持ちします!
  5. バナナの食べ頃は茶色いぶつぶつのスイートスポットが目印です。
  6. 皮が緑色のものは少し待ってから食べましょう。
  7. 皮に茶色の斑点が出てきたらデンプンが糖に変化したサインで食べ頃です。
  8. バナナの中身が空気に触れるとすぐに酸化して痛むので、皮は食べる直前にむくといいでしょう。
  9. 輸入時に使われる殺菌剤などの残留の心配は、毎日100本以上食べなければ大丈夫だと言われています。

 

こんなおしゃれなバナナスタンドはいかがでしょうか?

バナナスタンドに吊り下げておくと長持ちするんだそうです。

 

 

リンゴ

 

f:id:vegetarianman:20180720180450j:plain

リンゴは「医者いらず」といわれるほどの超優良食品です。

その理由は、

150種類以上のフィトケミカルや、食物繊維の相乗効果で、

以下のような症状などを防いでくれるからです。

  • ガン
  • 心臓病
  • 脳卒中
  • 糖尿病
  • 便秘の予防・改善
  • 免疫力の強化
  • 炎症・感染症の予防
  • アレルギーの予防
  • 花粉症の予防
  • 喘息の予防
  • 湿疹の予防

りんごのがん予防効果は緑茶以上です。

りんごの皮に含まれるポリフェノール類が強烈な抗ガン作用を発揮します。

 

りんごの皮は捨てずに食べましょう

ここがポイント

りんごの皮は栄養の宝庫です。

捨ててしまうなんてあまりにももったいない!

皮つきりんごのがん細胞の増殖を抑える力は、

皮なしよりも50%も強力と言われています。

タワシなどでゴシゴシ洗えば農薬の心配もなくなくなると言われています。

 

リンゴは自家製ジュースにはあまり向いていないので、

できるだけ皮のついたまま食べることをお勧めします。

皮が少々気になるかもしれませんがすぐに慣れます。

 

どうしても皮の残留農薬が気になる方はこんな商品も売っています。↓

 

 

 

ぶどう

 

f:id:vegetarianman:20180720174639j:plain

ぶどうは心臓病予防効果バツグンです。

ぶどうに大量に含まれるポリフェノール系フィトケミカルが、

以下のような効果を発揮します。

  • 心臓病の予防
  • 血圧を下げる(降圧効果)
  • がんの予防効果
  • がん細胞の成長増殖の阻止
  • 脳卒中のリスクを減少
  • アレルギー症状の緩和
  • 動脈壁の弾力性を高める

 

ここがポイント

皮と種にはフィトケミカルがたっぷりと含まれていますが、

種には酵素阻害剤 (ABA) が含まれているため、

種は生で食べるのはやめましょう。猛毒です。

 

 

f:id:vegetarianman:20180720180756j:plain

 

「柿が赤くなると医者が青くなる」といいますよね。

なぜなら、柿はビタミンCの宝庫だからです。

 

柿のビタミンCは、みかんの2倍以上、りんごのなんと16倍です!

心臓を健康に保つ食物繊維や、

フィトケミカル(ベータカロテンやタンニン)は抗酸化物質がたっぷりです。

 

ビタミンCもベータカロテンも免疫機能を高め、

粘膜や肌、骨を健康に保つには欠かせない栄養です。

 

熟した柿はスプーンですくって食べれば天然のゼリー。

ミキサーにかければフルーツサラダのソースに最適です。

 

 

もも

 

f:id:vegetarianman:20180720183254j:plain

 

桃に含まれる強力な抗酸化物質が、

あのみずみずしい白い果肉を守っているのです。

 

がん細胞の成長抑制効果が抜群です。

 

夏の強い紫外線に当たって、

肌がダメージを受けるのを桃のフィトケミカルが防いでくれます。

 

骨粗鬆症の予防力を増すミネラル「ボロン」もたっぷり含まれています。

 

 

いちご

 

f:id:vegetarianman:20180720174011j:plain

 

いちごは、

ガンや多くの病気の原因となる活性酸素の吸収力に富んだ健康増進食品です。

 

日本の市場に出回っているフルーツの中では、

ブルーベリーの次に活性酸素の吸収力が強力です。

 

 

ブルーベリー

 

ブルーベリーは食品中の「活性酸素の吸収力ナンバーワン」を誇る、

超強力ヘルシー食品です。

 

  • がん予防の切り札
  • 老化予防食品の王様
  • 心臓病の予防改善
  • 脳卒中の予防改善
  • 視力低下の予防
  • アルツハイマー病の予防改善

ここがポイント

肉体的、精神的衰えを逆転させることが、

動物実験で証明されている唯一の食べ物がブルーベリーです。

 

生、冷凍、乾燥のブルーベリーを積極的に利用することをおすすめします。

 

 

キウイフルーツ

f:id:vegetarianman:20180720183358j:plain

 

現在日本でよく食べられている27種のフルーツの中で、

キュウイフルーツ100g中に含まれるビタミン・ミネラルの含有量が、

2位以下に大差をつけて、

第1位にランクインされているいます。

 

ですから、

キウイフルーツは別名「フルーツの女王」とも呼ばれ、

美しくスリムで健康になりたい人にとっては強力な味方となります。

 

 

細胞を若く保つのに欠かせないビタミンC源のほとんどが高脂肪食品であるのに対し、

キウイフルーツは例外的に低脂肪なので、

余分な脂肪を取り込むことがありません。

 

ここがポイント

ガン予防に効果的な特におすすめのサラダはパワーランチとも呼ばれています。

材料は以下の通りです。

  • キウイフルーツ
  • いちご
  • アボカド
  • セロリ
  • レタス

 

 

 

f:id:vegetarianman:20180720183515j:plain

 

 

梨は一石三鳥フルーツ」と呼ばれています。

それは以下の3つの効果があるからです。

  1. カリウムの補給
  2. 水分の補給
  3. 糖分の補給

梨に含まれているカリウムと、食物繊維、豊富な水分が、

余計な塩分や老廃物を排泄し、

血圧を下げるのに役立ちます。

 

スポーツで汗を流した後の水分と糖分の補給に最適です。

 

汗とともに排泄されてしまうカリウムの補給も同時にできるので、

梨は一石三鳥の優れものと呼ばれているのです。

 

ここがポイント

梨、ぶどう、冷凍バナナを合わせたスムージーは、

朝食ナンバーワンアイテムとしてオススメです。

 

 

スムージーやジュースをつくるなら、低速回転のジューサーがおすすめです。

高速タイプでは、熱で酵素が破壊されてしまうそうです。

ですから、これから購入されるなら、このような低速タイプをお探しになってみてはいかがでしょうか。↓↓ 

 

 

メロン

f:id:vegetarianman:20180720183622j:plain

 

 

メロンの血圧を下げる効果はピカイチです。

血圧の高い人にとっての頼もしい助っ人になります。

過剰にとりすぎたナトリウム(塩分)の追放に役立つカリウムの量は、

スイカの3倍、バナナの2倍です。

ギャバ(ガンマアミノ酪酸)もたっぷり入っていて、

降圧効果を発揮します。

 

 

スイカ

 

f:id:vegetarianman:20180720183705j:plain

 

スイカは天然の利尿剤です。

赤い色素リコピンの含有量はトマトより60%も多く

  • 乳がん
  • 大腸がん
  • 前立腺がん

これらのガンの成長・転移阻止に活躍してくれると言われています。

 

ここがポイント

できれば、塩をかけずにそのまま食べてください。

メロンとスイカは水分たっぷりで

胃で消化される必要がまったくなく

腸へ進むスピードはダントツです。

胃袋に消化の遅い食べ物がつかえていると、

メロンとスイカの糖分が発酵してしまいます。

スイカの種にも猛毒の酵素阻害剤ABAが含まれていますので、

絶対に食べてはいけません。

 

 

 

イチジク

f:id:vegetarianman:20180720174737j:plain


 

 

イチジクは便秘のときの救世主です。

イチジクは、

  • カルシウム
  • 食物繊維

が豊富で、

  • 便秘の予防
  • 腸内環境の改善

などに強い味方になってくれます。

特に食物繊維のペクチンがたっぷり含まれていて、

腸の調子を整える作用が抜群です。

 

ここがポイント

お腹の問題はイチジクが解決してくれるとまで言われています。

乾燥イチジクは一晩水に浸して、

リンゴや梨、バナナと合わせてフルーツサラダにしてはいかがでしょうか。

 

 

パイナップル

 

f:id:vegetarianman:20180720174255j:plain

 

パイナップルは、

肌荒れ、がん予防に役立つビタミンC、食物繊維、フィトケミカルがたっぷり。

 

ここがポイント

葉が枯れて香りが強くなってきたら食べ頃です。

肉を柔らかくして消化を助けるブロメリンという食物酵素が入っているため、

酢豚やハンバーグなどの肉料理によく使われます。

ダイエットには朝食で食べるのが一番です。

 

 

さくらんぼ

f:id:vegetarianman:20180720183842j:plain

 

 

さくらんぼは、さまざまなフィトケミカルの働きで以下の効果があります。

  • 痛風の緩和
  • 関節炎の痛みや炎症の緩和
  • 心臓病の予防
  • 脳卒中の予防
  • がんの予防

 

 

プルーン

 

f:id:vegetarianman:20180720183918p:plain

 

プルーンは老化予防にかけてはブルーベリーとともに横綱級の存在です。

体の細胞が酸化によってダメージを受けるのを守ってくれます。

また、便秘予防力も抜群です。

 

 

 

グレープフルーツ

f:id:vegetarianman:20180720184051j:plain

 

 

グレープフルーツはアメリカで一番多く食べられているフルーツです。

それは、

ガンや心臓病から守ってくれる健康増進食品だからです。

果肉の赤いルビーグレープフルーツなら、

ベータカロテンやリコピンなど、

ガン予防力抜群のフィトケミカルがたっぷりです。

 

 

レモン

 

f:id:vegetarianman:20180720184140j:plain

 

レモンの効力は、

風邪の予防から、お肌のトラブル改善まで、多種多様です。

野菜のおひたしに醤油の代わりにレモンの絞り汁をかければ、

高血圧予防にも役立ちますね。

 

 

 

トマト

f:id:vegetarianman:20180720184228j:plain

 

トマトはナス科の野菜ですが、

小粒のフルーツトマト同様に、フルーツの朝食にはぴったりです。

 

ここがポイント

トマトといえば強力なフィトケミカルのリコピンの宝庫です。

リコピンは、

加熱調理したときの方が利用効力が高まると言われています。

トマトソースやミネストローネなどにして大いに摂取してください。

トマトなら加熱しても大丈夫です。

 

 

 

アボカド

f:id:vegetarianman:20180720174349j:plain

 

アボカドに含まれる脂肪は善玉コレステロールを増やす正義の味方です。

別名「森のバター」と呼ばれています。

フィトケミカルのルテインの含有量はフルーツではダントツです。

以下の効果があります。

  • 動脈硬化の阻止
  • 心臓病の予防
  • 目の老化予防

また、世界一栄養価の高いフルーツとしてギネスブックにも載っています。

 

 

 

 

 

 

 

この記事は松田麻美子著「フルモニ!超健康ダイエット宣言」という本を元に書きました。次回はフルーツの持つ酵素や栄養素について書いてみようかと思っています。

この本に興味を持たれた方はこちら↓↓

この記事に関連するおすすめの人気記事はこちら↓

 

 

 

  

 


 

 

今日も最後まで読んでいただき

本当にありがとうございました!

 

ブログランキングに参加中です。

みなさんの温かい応援クリックをお願いします^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
 

 

では今日はこのへんで。

みなさんが今日も健康で幸せであったことに

心から感謝して。

いつもほんとうにありがとうございます。

 

 


 

 

↑↑大切な家族の健康を考えるお母さんに安全な野菜を選んでほしい!

おまかせ 九州野菜セット 

15品 旬の野菜詰め合せ・おまかせ詰め合わせセット! 

人気のセット! 西日本 【送料無料】

 

 

らでぃっしゅぼーやさんは有名ですね。

お試しセットは1980円で野菜7種類に果物セットがつきます!

 

ベジタリアン、オーガニックライフの話題はこちら

ベジタリアン&ヴィーガン ブログテーマ - 健康ブログ村

オーガニック・ライフスタイル ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

マクロビオティックの料理レシピ・写真 ブログテーマ - 料理ブログ村

日本人の食生活と未来を考える ブログテーマ - 健康ブログ村

シンプルライフ ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

健康情報館 ブログテーマ - 健康ブログ村

生活に役立つ健康情報 ブログテーマ - 健康ブログ村

健康・ヘルス・ダイエット 万歳! ブログテーマ - 健康ブログ村

暮らしを楽しむ ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

自分らしく気まま生活! ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

 

 

 

 ↑↑↑ ゆるベジタリアンにおすすめです!

僕は何度も読みました。

 

参考文献:常識が変わる200歳長寿!若返り食生活法

参考文献:新版健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵