ヴィーガンや〜めた!「ゆるベジライフおすすめブログ」ベジタリアンになる前に読みたい健康情報

難しいことは一切なし!楽しく自由で幸せな毎日をゆるベジライフで実現!どうしても肉が食べたくなったら食べちゃえばいいのさ!完璧主義はツラいから今よりもちょっとだけ健康になるための情報が満載!ダイエットにも最適!

マーガリン・ショートニング・トランス脂肪酸が体に悪い理由:ゴキブリも食べない危険な油

マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸は本当に体に悪い油です。

マーガリン・ショートニング・トランス脂肪酸の毒性をしっかり理解していない人が多いのです。

その証拠にスーパーに行けば売り場にはマーガリンが積まれていますし、

ほとんどの加工食品には、マーガリンやショートニングが艶出しに使用されています。

特に菓子パンやお菓子には必ずと言っていいほど入っています。

日本以外のすべての先進諸国がトランス脂肪酸を制限しています。

製造や発売を禁止している国がたくさんあります。

アメリカですら、2018年の6月でトランス脂肪酸は全廃されました。

トランス脂肪酸を安全だと説明している人たちは、

「日本人はアメリカ人に比べてトランス脂肪酸の摂取量が少ないから、健康に危険が及

ぶほどではない。食べ過ぎると危険だが日本人の摂取量なら死んだりはしないから大丈夫だ」と言います。

果たしてそれでいいのでしょうか?

企業は、一般人の健康意識が高まり、マスコミなどがトランス脂肪酸の危険性について報道しだすと、

「健康に配慮し家庭用のマーガリン類のトランス脂肪酸の低減に取り組んでいます。」と言って販売を続けています。

でもそれって、トランス脂肪酸であることには変わりませんよね?

「本当に健康に配慮してるならトランス脂肪酸の使用をやめればいいんじゃないの?アメリカやヨーロッパみたいに」って思うのは僕だけでしょうか。

なぜヨーロッパやアメリカは日本と同じように低減策を取らずにあえて「全廃」させた

んでしょうね?

販売だけでなく、製造まで禁止しています。

日本の企業が主張するように、「部分水素添加油脂※を使わなければ安全」なのなら、

そこまでする必要はないと思うのです。

アメリカやヨーロッパのような先進諸国が嘘をついているのでしょうか?

それとも日本の企業や各官庁の安全だという発表が嘘なんでしょうか?

※部分水素添加油脂(PHOs)とは、植物油の硬さを調整するために水素を添加して固形

状の不飽和脂肪酸にした加工油脂のことを言います。

【PHOs:Partially Hydrogenated Oils の略称】

↓最近のマーガリンはこの部分水素添加油脂を使用していないと宣伝して、イメージアップを図っていますが、マーガリンの売上は年々減少しています。

f:id:vegetarianman:20180918131238j:plain

トランス脂肪酸がアメリカで問題になったことを受けて作られたこの動画は3分ほどと短いのでぜひご覧ください。↓

youtu.be

この記事は以下のような人に向けて書かれた記事です。

  • 健康意識の高い人
  • 美肌・若返りに興味のある人
  • ヴィーガン・ベジタリアンに興味のある人

逆に以下のような人には不向きな記事です。

  • 食べ物は安ければ何でも構わないという人
  • 体に悪い食べ物でもおいしければいいという人
  • 早く死にたい人

f:id:vegetarianman:20181002165604j:plain

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーガリン・ショートニングは絶対に食べてはいけない食品

ベジタリアンでなくても、絶対に食べてほしくない食品が存在します。

それはマーガリンです。

今日は最悪の油、トランス脂肪酸が体に悪い理由を解説しました。

マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸の危険性は2000年代の前半頃からヨーロッパで発覚しました。

それが健康家たちの間で日本にも伝わり、その毒性や危険性が広まりました。

その影響で、マーガリンの国内市場は縮小し続けています。

こうした中、大手食品会社は健康よりも売上を確保するために、

イメージアップ戦略を展開しています。

全商品で「部分水素添加油脂」を不使用にして、トランス脂肪酸の含有率を10gあたり0.1程度に抑えています。

メーカーと組んでパーム油などを調合して開発したという、部分水素添加油脂を含まない「新ブレンド油脂」を使用しているそうです。

治加工食品営業本部の高橋寛行氏は、

「当社ではさまざまな研究を行っているが、日本人の平均摂取量では、トランス脂肪酸の健康への影響は小さいと考えられる。通常の食生活を送り、色々な食品をバランス良く食べることで、心臓病のリスクが高まる可能性は低い」とする。

 「ただ、消費者の間で悪評が広がっているのも事実。リニューアルで消費者の家庭用マーガリンに対する不安感・疑念を解消し、市場全体を元気にしたい」という。

明治は家庭用マーガリンのリニューアルに合わせ、トランス脂肪酸が「適量の摂取であれば健康に害はない」ことを解説する特設Webサイトも立ち上げる予定。

出典:msnニュース

f:id:vegetarianman:20180918160653j:plain

マーガリン・ショートニングは最悪な油

マーガリンやショートニングは酸化しすぎた油過酸化脂質です。

スーパーやコンビニ、ファストフードの揚げ物を食べて、次のような症状を体験した人はとても多いと思います。

  • 胃がもたれた
  • 胸焼けがした
  • 気持ちが悪くなった
  • 腹痛や下痢を起こした

これらの症状は、青年期はまだしも、中高年の方なら経験した方が多いでしょう。

その中にはひどい目にあって、「二度と食べたくない」という方もいらっしゃるでしょう。

家庭でも、古くなった油で揚げた「とんかつ」や「フライ」を食べて、

腹痛や下痢で苦しんだケースがよく報告されています。

胃は非常に敏感です。

体に悪い食べ物が入ってきたら、「早く出してしまえ」と下痢を起こしたり、

「二度と食べるな」と激しい腹痛や嘔吐を起こしたりします。

その原因は、何回も使って古くなった油を使っていたり、

180度以上の高温で揚げ物をする際に酸素と結びついた油が、

有害な過酸化脂質に変質してしまうからです。

それだけではありません。

揚げ物に含まれる油は、

時間の経過とともに空気中の酸素と結びついて、どんどん酸化していきます。

そして、有害な過酸化脂質に変化してしまうのです。

ですから、

たとえ新しい油や良質の油を使った揚げ物でも、新鮮なうちに食べることが大切です。

過酸化脂質の多い食品

  • スーパー惣菜コーナーのコロッケ・とんかつ・天ぷら
  • コンビニのコロッケ・唐揚げ・アメリカンドッグ
  • 弁当の中の天ぷらや揚げ物
  • ファストフードのフライドポテト・フライドチキン・揚げ物
  • 作り置きして時間のたった揚げ物

f:id:vegetarianman:20180918131006j:plain

マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸とは

マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸とは以下の通りです。

植物油は常温では凝固していない液体状(不飽和脂肪酸)になっています。

マーガリンやショートニングは、植物油に水素を添加して固形状に固めたものです。

これをトランス脂肪酸と言います。

トランス脂肪酸とは、

工場で固めて作ったマーガリンやショートニングのことを言います。

※また、サラダ油を180度以上の高温に加熱するとトランス脂肪酸になります。

具体的には工場で、植物油から高温下で水分を飛ばし、化学溶剤を添付し、水素をくっつけて酸化しないで日持ちする飽和脂肪酸(常温で固まっている)にします。

その製造工程は、石油からプラスチックを作る工程に似ています。

液状の石油の水分を飛ばし水素をくっつけて固形状にしたものがプラスチックです。

マーガリンも同じく植物油から水分を飛ばしてプラスチック状にしたものです。

トランス脂肪酸の危険性

マーガリンやショートニングのトランス脂肪酸が体に悪い理由は以下の通りです。

そのマーガリンが人体内に入ると、

プラスチック状態のままで十分には解けません。

サラダ油の高温加熱で生じるトランス脂肪酸や、

マーガリン・ショートニングに含まれるトランス脂肪酸に、

悪玉活性酸素が作用することで、脳の神経細胞が破壊されやすくなります。

特に記憶の脳である海馬へのダメージは大きいものがあります。

サラダ油やトランス脂肪酸を多く摂取していると、

脳の神経細胞ニューロン同士をつなげているシナプスの接合部が錆び付いてきて、

以下のような症状の原因になります。

  • 学習能力や記憶力の低下
  • 認知症の原因
  • 子供の注意欠陥障害ADDの原因
  • 注意欠陥多動性障害ADHDの原因

 油を使って加工食品を作る際に、液状では使えないため、

植物油を固めたマーガリンやショートニングを使います。

マーガリンやショートニング合成油脂は以下の食品に多く使われています。

  • 加工食品
  • スナック菓子
  • スイーツ
  • 表面にツヤを出したパン

艶のないフランスパンには使っていません。

また、リノール酸であるサラダ油(調理油)を高温加熱して作られた以下の食品に変化した多くのトランス脂肪酸が含まれています。

  • ファストフード
  • ジャンクフード
  • インスタント食品
  • 加工食品
  • コンビニ食

トランス脂肪酸をとると、

悪玉コレステロールが増え、逆に善玉コレステロールは減ります。

そのため動脈硬化を引き起こし、心臓疾患を招きやすくなります。

コレステロールが血管につまる衝撃の原因はとは!まさかアレが原因だなんて!

そのためヨーロッパでは早くからトランス脂肪酸を制限しています。

2014年2月米国食品医薬品局(FDA)はマーガリンは発がん性の疑いがあるとして製造を禁止しました。

2015年6月には(FDA)も、2018年6月までにトランス脂肪酸全廃の方針を決定し、

現在完全に禁止されました。

ヨーロッパではそれ以前から製造していません。

世界で日本のだけがいまだにマーガリンやショートニングの製造を無条件に認めているのです。

日本政府は世界的に見ても対応が遅れており、

国民の健康よりもメーカーの利益が優先になっています。

このように、

海外では製造禁止や制限がされているマーガリンやショートニングが、

日本では多くの大手パンメーカーでいまだに使われています。

マーガリンは艶出しのためにパンメーカーがよく使います。

ただし「タカキベーカリー」の石窯全粒パンは、マーガリンやショートニング、乳化剤、合成添加物を一切使わず天然酵母を使っている食パンです。

↓スーパーやコンビニで販売されているほとんどの食パンにはマーガリンかショートニングが使用されています。↓

f:id:vegetarianman:20180918131043j:plain

↓探せばこのようにマーガリンやショートニングを使っていない食パンも買うことができます。原材料を確認するクセをつけることをおすすめします。

f:id:vegetarianman:20180918153918j:plain

↓お菓子もショートニングが使われています。

f:id:vegetarianman:20180918153044j:plain

日本政府は企業の利益を優先して対応を意図的に遅らせているので、

このままだと私たち日本人は自己防衛しかありません。

幸いなことに、

2014年からNHKでオメガ6(リノール酸)を減らして、

オメガ3(α-リノレン酸)を多く含むえごま油、亜麻仁油、しそ油を多くとると健康に

なるという番組が多く放送されるようになり、国民に徐々に浸透しつつあります。

「マーガリンはヤバいらしい」という噂を聞いて、

マーガリンの購入をやめる人たちが少しずつ増えています。

その影響もあり、マーガリンの国内市場は縮小傾向にあります。

しかし、

トランス脂肪酸をもっとも多く摂取している方法は、

直接マーガリンを食べるという方法ではありません。

お菓子やパンにショートニングが使われていたり、

揚げ物に使われたサラダ油がトランス脂肪酸に変質してしまっているものを、

知らず知らずのうちに大量摂取しているのです。

美肌若返りの鍵はオメガ3とオメガ9の摂取

トランス脂肪酸摂取をやめたときの5つのメリットをご紹介します。 

オメガ6が多い油やトランス脂肪酸の摂取を止めて、

オメガ3やオメガ9などの良質の油を2ヶ月から3ヶ月とり続ければ、

以下のような5つの健康効果あります。

僕も実際にサラダ油の使用を一切やめたら、背中の吹き出物がきれいに治ってしまいました。

  1. 細胞膜のサビが消え、肌が若返える
  2. さらに続けると神経細胞が若返り、頭も良くなる
  3. 認知症を防止することができる
  4. 血管も若返って血圧が下がる
  5. 心臓や脳の血管性疾患を防止することにもつながる

細胞膜を作っている主成分が間違いなく脂質であることは僕自身の人体実験の結果からも確かです。

えごま油や亜麻仁油のオメガ3と、オリーブオイルのオメガ9を、

毎日を多めにとるようにすれば、徐々に肌がきめ細かくすべすべになり、

少しあったシワやシミも消えてしまうと言います。

f:id:vegetarianman:20180918131113j:plain

↑メーカーもトランス脂肪酸のイメージが悪くなって売上が下降していることから、

イメージアップに必死です。

トランス脂肪酸を低減させていると言いますが、トランス脂肪酸であることには変わりがありません。

マーガリンを買うならバターを買いましょう。

f:id:vegetarianman:20180918131126j:plain

クックパッドなどには、マーガリンや化学調味料を使ったレシピを平気で投稿している自称料理家がたくさんいます。

アメリカなら裁判になっているかもしれませんね。

「おまえのレシピのせいで病気になった!」とか言われて(笑)

f:id:vegetarianman:20180918131146j:plain

↑あの「帝国ホテル」がマーガリンを発売していました。幻滅です。

しかもこのキャッチコピーみてください。

「料理にも使える!」

逆にマーガリンを料理以外に使う方法を教えてください!って感じです。

しかも、

食品コーナーに置いてあるのに「料理にも使える!」ってどういう意味?(笑)

帝国ホテルでは欧米のVIP宿泊客にもこのマーガリンを使用した料理を食べさせているのでしょうか?

f:id:vegetarianman:20180918131206j:plain

↓マーガリンの代表的な食べ方と言えば食パンに塗って食べるという方法です。

ほとんどの食パンにはもともとマーガリンが原材料に使われています。

マーガリンのダブルパンチというわけですね(笑)

しかし実際に消費されるマーガリンの量は加工食品に使用されている量のほうが圧倒的に多いのです。

お菓子や菓子パンなどには必ずと言っていいほど使われています。

ですから、マーガリンを食べていなくても、別の食品に含まれるマーガリンを大量に摂取している可能性があるのです。

f:id:vegetarianman:20180617203312j:plain

まとめ

マーガリンは、ゴキブリさえ食べない「食べるプラスチック」だとも言われているそうです。

塩分を抜いたマーガリンは雑食性のゴキブリも食べ物とみなしていないというわけです。

僕は友達がマーガリンを食べていると聞くといつも次の言葉を使います。

「マーガリンってさ、ゴキブリも食べないんだってさ。それを食べてる◯◯くんは、ゴキブリ以下ってことだよね(笑)」

ひどいこと言ってますよね、僕も(笑)

僕も同じことを言われたら悔しいから、僕はマーガリンは口にしていません。

ただし、マーガリンやショートニングはお菓子に使われているので、間接的には食べてしまっているのは事実です。

完ぺきにトランス脂肪酸を断つとなると、

スーパー等で販売されている加工食品はあきらめなくてはいけなくなります。

もっともヴィーガン生活をしていたときは、

お菓子もオーガニックでトランス脂肪酸不使用のものだけを、

たまに購入して食べていましたが。

これからベジタリアンライフを楽しもうとされているみなさんも、

ベジタリアンでもなんでもない普通の方々も、

どうか、どうか、

マーガリンの摂取をやめてもらいたいと思います。

マーガリンだけでなく「ショートニング」もマーガリンとほぼ同じですから気をつけてください。

スナック菓子や菓子パンに多く入っています。

ですから、食品表示欄をチェックしてみて、

もし材料のところに「マーガリン」とか「ショートニング」とかかれていたら

その食品は黙って元の位置に戻しましょう。 

良質な油に興味ある方はこちらの油がおすすめです。↓実際に僕が使用しているオリーブオイルです。

 

 こちらの記事もおすすめです。↓ 

ブログランキングに参加中です。

みなさんの温かい応援クリックをお願いします^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
 

今日も最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!