ヴィーガンや〜めた!「ゆるベジタリアン」で幸せになれる88のルール

難しいことは一切なし!楽しく自由で幸せな毎日をゆるベジタリアンで実現!どうしても肉が食べたくなったら食べちゃえばいいのさ!完璧主義はツラいから今よりもちょっとだけ健康になるための情報が満載!ダイエットにも最適!

僕がヴィーガンをやめた7つの理由【2018年8月15日追記更新】

 こんにちわ。

ゆるベジタリアンのやまやです。

ゆるベジライフを満喫しています。

 

僕は健康的な生活をおくることが大好きです。

 

人間の体は自分が食べた食べ物でできています。

 

体にいい食べ物を食べれば

体はきれいで最高の状態になります。

  

逆に体に悪いものを食べれば

体は汚れて最悪の状態になります。

 

だからといって

ヴィーガンの人たちのように、

完璧なベジタリアン生活をおくるのは本当に大変ですよね。

 

実はぼくも以前はヴィーガンでした。

 

 

 

ヴィーガンってなに?

 

簡単に説明するとヴィーガンとは完全菜食主義者です。

 

肉、魚だけじゃなく卵、乳製品、はちみつまでも食べません。

とにかく動物性のものは一切口にしません。

 

はちみつは花の蜜じゃん!

僕は最後まで不思議でした(笑)

はちみつは動物性食品ではありませんが、

ミツバチが必死に集めてきたものを搾取するのが

動物愛護の精神にひっかかるようです。

そう、ヴィーガンは動物たちには優しい人たちです。

 

 

ベジタリアンといっても実はいろんな種類があります。

ヴィーガンは、数あるベジタリアンの中でもっとも厳格なランクになります。

 

名称分けは簡単に言えばランク、階級のような感じで、

ヴィーガンはベジタリアン業界の最高峰の人たちであり、

ヴィーガンの人はヴィーガン以外はベジタリアンではないと思っている場合も多々あります(笑)

 

 

ベジタリアンの種類は複雑

 

以下の表はベジタリアンの名称を記したものです。

f:id:vegetarianman:20180615180842p:plain

 

僕は今は

ゆるベジタリアンをやっています。

ゆるベジタリアンは、野菜中心の食生活ですが、

たまに、肉も魚もたまごも乳製品も食べます。

 

あくまでゆるくです。

日本では「ゆるベジタリアン」とは「ゆるベジ」なんて

呼ばれていますが、

海外ではflexitarian(フレキシタリアン)と言う呼び名で分類されます。

 

 

僕がヴィーガンをやめた7つの理由

 

僕がヴィーガンをやめた理由は7つあります。

それは以下の通りです。

 

【1】ヴィーガンは周りに気をつかわせる

 ヴィーガンになると食べられるものが極端に減少します。

ヴィーガンが食べないものは肉や魚だけではありません。

以下のものも食べません。

  • 添加物が入った加工品
  • 農薬を使用している野菜

 なかには、ヴィーガンでもコンビニのおにぎりをおすすめしたり、

プロテインなんかをおすすめしたりしている人がいるそうですが、

僕からすれば、「エセヴィーガン」って感じがします(笑)

「ヴィーガンのくせに添加物気にしないんだ?」

「農薬関係なんだ?」って思うわけです。。。

 

話がそれましたね(笑)

 

ヴィーガンになると、

専門店に行かない限り、

まず食べられるものがありません。

 

それはほとんどの調味料や加工食品には食品添加物が使われているからです。

それは何もお店や外食に限ったことではありません。

 

友人の家、

会社の飲み会やパーティー、

実家でさえも。

 

飛行機に乗るときは、

前もってヴィーガンであることを伝え

予約をいれておかなくていけませんでした。

 

実家に帰るときも

「あんたたちには何を食べさせたらいいんだろうね。困っちゃうよ」

いつも母が苦労していました。

 

 

僕は本当に親しい、ごく限られた友人にのみ

自分がヴィーガンであることを伝えていました。

 

みんなに伝えてしまうと、

事あるごとに相手に気をつかわせます。

 

想像してみて下さい。

 

あなたの友人や同僚がヴィーガンで、

 そのことをあなたが知っていたらどうしますか?

 

一緒に行ける店を探すのは大変ですよね?

 

自分はたいして食べたくもないヴィーガン料理のレストランに、

毎回行きますか?

 

そうなるので、

 周りには自分がヴィーガンであることは言わないほうが楽です。

 

よく、ヴィーガンであることがある種のステータスであるかのように、 

「私は意識高い系」

をアピールしている人がいますが、

マネしないほうがいいですね^^

 

なんにもいいことはありません。



【2】ヴィーガンは疲れる

旅行に行ったり、

知らない街にいったとき、

急いでいてあまり時間がないときなど

ヴィーガンは本当に苦労します。

 

疲れます。

食べれるものを探すのはたいへんです。

 

たとえばフルーツを買おうとします。

すぐには買えません。

無農薬かどうかを確認する作業がありますから。

 

調べるのは大変ですよね。

店員さんに訊いたり、

産地を見たり、

ラベルをチェックしたり。

 

チョコレートすら買えません。

「ミルクが入っていないか?」を

確認しなくてはいけませんから。

 

海外なんかに行くと本当に苦労します。

 

 うどんやそばも

出汁にカツオが使われていたら食べられません。

 

パンも買えません。

ショートニングや添加物がはいってますから。

 

水だけです。すぐに買えるのは・・・

 

ヴィーガンレストランも探すのが大変です。

 見つけても

あんまり美味しいお店は日本には正直少ないと思います。

どこもお決まりの「優しい味」です。

 

 


【3】ヴィーガンでもたまには肉も魚も食べたくなるときがある

 

無性に肉が食べたくなるときもありました。

きっとカラダが肉を欲していたんでしょう。

肉の栄養素をね。

 

それを抑えるということは

本能に逆らうといことになります。

自分に正直な生き方ではないと思いました。

 

「食べたいなぁ」って思うということは、

 それがいまの体にとって必要だから体が求めているわけです。

 

そういう我慢の生き方を続けることは

「自分の直感力を鈍らせることになるんじゃないか?」

 という葛藤がありました。

 


【4】ヴィーガンのこだわりにはキリがない

ヴィーガンの方でよく「私は動物がかわいそうだから食べない」

という主張される方に出会います。

 

とても優しい心の持ち主なんですね。

 

実際面倒見がよく、親切で素敵な方が多いです。

 

ただ僕はこの言葉を聞くと

いつも考えてしまうことがありました。

 

『動物はかわいそうなのに、植物はかわいそうじゃないんだ。』

って。

 

 植物も生き物ですよね。

 動物も生き物です。

 同じなんです。

 

そりぁ動物は痛みを感じるとか、

感情があるとか、いろいろと言えますが

植物だって同じはずです。

 

「生きているんですから」と僕は考えてしまう。

 

同じ目線で考えれば、

 野菜を無理やり引っこ抜いて、

生きたまま皮をむいて、煮えたぎる熱湯に放り込みます。

電子レンジで加熱します。

生きたまま。。

 

 十分残酷じゃないですか?

 

しかし、

動物に対しては残酷だと言うけれど、

植物に対しては残酷ではなくなる。

 

僕にはこの基準の違いが理解できませんでした。

 

 それを指摘すると、多くのヴィーガンは怒ります。

だからこの話題をヴィーガンに持ち出すのはやめておきましょう^^

 

神(創造主)はなぜ、動物をつくり、

なぜ動物に高度な知能を授けず、

なぜ、人が動物の肉を食べられるようにつくったのでしょう?

 

そんなことを考えていると

キリがなくなってくるわけです。

 


【5】ヴィーガンになりたかったわけではなく、ただ健康的な生活をおくりたかっただけ

 

当時付き合っていた女性が突然こう言いました。

 

彼女:私ヴィーガンになろうと思うんだけど、どう思う?

僕:ヴィーガンってなに?

彼女:ベジタリアンでね、完全菜食主義者のこと。肉、魚、たまご、乳製品も一切食べない。

僕:あぁ、いいんじゃい!やってみなよ。僕も一緒にやるよ。

 

ほんの1,2分の会話でした。

2010年の出来事です。

 

僕は特別な理由があって

ヴィーガンになったわけではありません。

 

特別な志(こころざし)があったわけでもありません。

 

ただ、もうすぐ結婚する女性がヴィーガンになると言い出して、

しかも一緒に住もうとしていたときだったので、

 一緒に暮らしているのに僕だけ肉食べるのも変だなと思い、

 たいして深くは考えず、

ノリでヴィーガンになってしまいました。

 

ただ、

彼女にウソをつきたくなかったので、

ヴィーガンとしてのルールは守ってきました。

 

ただ、時間が経ってよく考えてみると、

 僕は健康でいたいとは思うけれど、

「 どうしてもヴィーガンで在り続ける必要はないのではないか?」

 考えるようになりました。

 

 それは前に述べた様々な理由が重なってのことです。

 

たくさんの本を読んで食に関する知識が膨らんでいくと、

別にヴィーガンじゃなくても

完全に健康を維持できる自信がもてるようになりました。

 

その結果、思い切ってヴィーガンをやめて

 「ゆるベジタリアン」としてゆる〜く生きていくライフスタイル、

「ゆるベジライフ」をとり入れることにしました。

 

 

【6】ヴィーガンの生き方は不便(笑)

 

ヴィーガンという生き方は不便です。

あくまで僕個人の感想です。

 

ヴィーガンでなくても

十分に、肉体的にも、精神的にも、

健康でいられる知識と経験を身につけることができました。

 


【7】ヴィーガンだけどレザージャケットや革製品が大好き(笑)とくにラムレザー(笑)

 

僕は皮ジャンが大好きです。

とくにラムレザーを使用したジャケットは大好物です。

 

こういうところが

ヴィーガンの方には理解されにくいことかもしれません。

 

僕は着ているジャケットの革をとるために

殺された子羊をかわいそうだと思うよりも

 「ありがとう。」

という感謝の気持ちを持つようにしています。

 

 仮に残酷な殺され方をして

 皮を剥がされていたとしても

 僕の心にあるのは、

 「素晴らしいレザージャケットとして僕のところに来てくれてありがとう!」

という本当に深い感謝の気持ちです。

  

このように考えるようになってからは

世界が変わりました。

 

 

まとめ

 

 

そこでぼくは

ストレスのない

無理のない

気軽に楽しめる

そんなベジタリアンのカタチで生活していくことに決めました。

 

ベジタリアンと言っても人それぞれの生き方があります。

 人それぞれ、「生き方」「考え方」「ふるまい」は、

 違っていていいと思います。

 

 一番大事なのは、

 「自分と違う人こそを受け入れる寛容な心の余裕を持つこと」

 ではないでしょうか?

 

 

こちらの記事もおすすめです↓

 

 

 


 

今日も最後まで読んでいただき

本当にありがとうございました!

 

ブログランキングに参加中です。

みなさんの温かい応援クリックをお願いします^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
 

 

では今日はこのへんで。

みなさんが今日も健康で幸せであったことに

心から感謝して。

いつもほんとうにありがとうございます。

 

 


 

 

↑↑大切な家族の健康を考えるお母さんに安全な野菜を選んでほしい!

おまかせ 九州野菜セット 

15品 旬の野菜詰め合せ・おまかせ詰め合わせセット! 

人気のセット! 西日本 【送料無料】

 

 

らでぃっしゅぼーやさんは有名ですね。

お試しセットは1980円で野菜7種類に果物セットがつきます!

 

僕は「らでぃっしゅぼーやの初回お試しセット」を実際に注文してみました。

その様子を記事にしています。

詳しくはこちら↓


「らでぃっしゅぼーや」に興味がある方は、無料で資料請求ができます!
しかも一緒に野菜までもらえてしまうそうです!

詳しくはこちら↓

 

 

 

ベジタリアン、オーガニックライフの話題はこちら

ベジタリアン&ヴィーガン ブログテーマ - 健康ブログ村

オーガニック・ライフスタイル ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

マクロビオティックの料理レシピ・写真 ブログテーマ - 料理ブログ村

日本人の食生活と未来を考える ブログテーマ - 健康ブログ村

シンプルライフ ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

健康情報館 ブログテーマ - 健康ブログ村

生活に役立つ健康情報 ブログテーマ - 健康ブログ村

健康・ヘルス・ダイエット 万歳! ブログテーマ - 健康ブログ村

暮らしを楽しむ ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

自分らしく気まま生活! ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

 

 

 

 ↑↑↑ ゆるベジタリアンにおすすめです!

僕は何度も読みました。

 

参考文献:常識が変わる200歳長寿!若返り食生活法

参考文献:新版健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵